上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土砂降りの橋を渡りながら
僕は少し後悔したけど
視界は
ガラスのネックレスが飛び散ったみたいにきれいだった
君は僕の手を握りながら
窮屈そうに並んでいてくれた
海鳴りが遠のいた
梅雨のことだった

スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 a night full of ray..., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。