上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉は新しくページを手繰る
煙のようにドア
釘のように落とし
繰り返しその日が
12月31日

私は許さない
言葉のような世界
世界のような言葉の更新
のために限りなく早く
死を
スポンサーサイト

帰り道は紺の織布
星座は古い放射を撒き
長坂上へと駆けるバスも光る
連なる箱と空の杯に
妖女の息も凍てついた
ぎざぎざに祈り散り
走り出した独り言
そのひとみ、ハロウ飛ばし
……望遠……
天高くからの柱は
ぼうっと屹立している
さんざんそれは輝いて
夜通し騒ぎは沈まない
(朝まではまだかかる)

だからもう、
そんなにおびえたりひるんだりするな
あっちは夕閑の大火だし
一面の雲もじき地平に呑まれる


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 a night full of ray..., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。